Balloon Shop soar

横須賀のバルーンショップ ソア。ギフトやイベント、お祝いに素敵な空間を。

風船について
  • ゴム風船のお話土から生まれて土にかえる

    原料は"天然物質"です。
    ゴム風船はゴムの木から採取する乳状の樹液でつくられていて、人間が生み出した様々な製品の中でも稀な「自然環境にやさしい」製品です。

  • バルーンアート教室

    - 出張バルーンアート教室 -
    Balloon Shop soarでは子ども達だけでなく、お父さんお母さんも夢中になれるバルーンアート教室を開催しています。

  • balloon shop soar

    バルーンショップ ソア

    〒239-0843
    神奈川県横須賀市津久井2-3-2
    TEL&FAX:046-876-6560

風船について

Balloon Shop soar HOME >  風船について  > 風船について
  • 風船

    ゴム風船の原料は 天然素材 です。

    あなたもどこかでゴムの木から天然ゴムを採取する人々の写真を見た覚えがあるはずです。そう、ゴム風船はゴムの木から採取する乳状の樹液で作られています。 ゴムの木は元々南アメリカの熱帯雨林が原産で、現在では東南アジアを中心とした熱帯地域の多くの国々で育成されています。

    ゴムの木の樹皮に切り口をつけ、そこからにじみ出てくる樹液をカップに集めて精製し、液体の状態に保ったものを「ラテックス」といいます。現在私たちが手にしている柔らかくて彩やかな色のゴム風船は、この液状のラテックスから作られています。

  • 土から生まれて土にかえる

    ラテックスは日光や水によって分解される"100%自然の原料"です。
    分解作用は空気に触れたとたんにはじまり、酸化による変色が分解過程の最初の兆候です。
    太陽光線にさらされると分解が始まりますが、自然界の微生物は暗闇の中でも天然ゴムを分解します。

    研究によると、ラテックス製の風船と樫の落ち葉とが同じ条件下にある場合、ほぼ同じ速度で
    分解するという結果が出ています。土から生まれて土にかえるゴム風船は、プラスチックや金属、
    ガラス製品などと比べて、人間が生み出した製品の中でも実に稀な自然環境に優しい製品なのです。

  • どうなるの?空に飛んでいった風船

    風船飛ばしはもちろん、ついうっかり飛ばしてしまったゴム風船。
    その後、気になりますよね?

    研究によれば、こうしたゴム風船のほとんどは上空約8,000メートルまで上昇していきます。
    風船はそうした空の高い所で凍結し、破裂してスパゲッティ状になり、拡散しながら地上に落ちてくる
    ということがわかっています。私たちが落ちてくるゴム風船を見たことが無い理由はここにあります。
    実際、世界各地で行われているビーチクリーンナップ運動(海辺での清掃活動)の報告でも、
    回収されるゴミのワーストグループにゴム風船の名が挙がったという例はありません。

  • 自然界の動物への影響は?

    海

    以前、学術的根拠のない情報でゴム風船は一時誤解を受けたこともあり、特に海洋生物への影響が大きく問題視されました。そこで、アメリカの魚類・野生動物期間のキャシー・ベック氏が8年の間に死んだセイウチ439頭の調査をしましたが、どのセイウチの体内からもゴム風船は1個も見つかりませんでした。

    もちろん、時には野生動物がゴム風船の柔らかい断片を食べてしまうこともあります。しかし、実証研究の結果では飲み込まれた断片は動物自身にはなんら害を及ぼさず、最終的には消化器系を通って排出されるということが知られています。

    ウミガメのお腹からゴム風船が出てきたという事例もありましたが、死因とは断定できないものでした。様々な研究により、近年では動物に害がないという常識が広く浸透しています。

ページトップ